繁田諭くうかん写真展|ひかりのある場所へ

東京大学くうかん実験棟展覧会
開催概要

空間写真を撮り続ける繁田諭(ナカサアンドパートナーズ)の作品は、その写真を見る人に知的な刺激や充足感を与えてくれます。それは、ただ単に空間をフィルムに収めていく行為を超えた、現代における「写真」の一つの表現といえるでしょう。

「ひかりのある場所へ」展は、繁田諭が10年間の撮影記録の中から選んだ写真100枚を、建築家・平沼孝啓の構成により展示されます。平沼氏設計のくうかん実験棟を会場とし、彼の解釈による空間性の中で、繁田諭の透明感を持つ「ひかりのある方へ」向けたアングル写真は、多様で重なりを持つヴォリュームとして現れます。新鮮な遠近感による表現は、客体としての「人」と主体である「空間」との関係を豊かに写し出します。  

 
主催者
期間 2010年5月21日(金)~ 5月29日(土)
10:00 ~ 18:00(入館は17:30まで)
* 日曜休館日
会場 東京大学くうかん実験棟
(東京大学駒場リサーチキャンパス) MAP
〒153-8505 東京都目黒区駒場4-6-1
* 京王井の頭線 駒場東大前駅(西口)より西へ徒歩約8分
* 東京メトロ千代田線 代々木上原駅より南へ徒歩約10分
入場無料
主催 東京大学生産技術研究所
展示協力 ナカサ&パートナーズ
会場構成 平沼孝啓建築研究所
運営協力 東京大学生産技術研究所腰原研究室
問合せ Nacasa & Partners
〒153-0051 東京都目黒区上目黒 2-18-4
電話 03-5722-7757  ファクシミリ 03-5722-0909
Eメール shiget@nacasa.co.jp

photo:Space Lab, The University of Tokyo
© Satoshi Shigeta / Nacasa & Partners


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

繁田諭くうかん写真展「ひかりのある場所へ」会期延長のお知らせ

5月21日から開催している 繁田諭くうかん写真展「ひかりのある場所へ」

これまでにたくさんの方々にご来場いただいています。

本当にありがとうございます。

写真展会期は29日まででしたが、主催者である東京大学腰原研究室の御理解をいただいて、
東京大学オープンキャンパス前の6月2日まで会期を延長させていただくことになりました。
また※30日(日)も会場を開けていますので、皆様是非お越しください。
※キャンパス正門のみ開門
006.jpg
 会場写真(photo/繁田諭)





繁田諭くうかん写真展「ひかりのある場所へ」開催中

東京大学駒場キャンパス(?)内くうかん実験棟にて、繁田諭くうかん写真展「ひかりのある場所へ」開催中です。

トップページ(写真下)にもあります平沼孝啓氏設計による「くうかん実験棟」の壁面、天井スリットを活かし、外光のみの展示構成にしています。
空間と光を巧みに創りだす建築家やデザイナー達、そしてその空間の中に佇む人の気配と情景をとらえた影像の数々を『くうかん実験棟』の創りだす豊かな光と共に是非皆様にも体験してもらいたいです。

住所 目黒区駒場4-6-1(東京大学駒場リサーチキャンパス)
展示期間5月29日まで(10:00~18:00)

_0012502:
(photo/繁田諭)

居心地の良いくうかん

建築の竣工写真というと家具もなく人もいない「空間」を撮影する事がほとんどで、もちろんそのような写真は建築家の設計意図を分かりやすく伝えるためには必要ですし、私もそのことを踏まえて撮影に臨んでいます。
反対に雑誌やweb使用等の撮影では、「空間」に人も家具も入り、まさに建築が建築として機能しているところを撮影することが多いです。

写真を通してどのように建築空間を伝えるか。
その方法は前の方法以外にもありますが、今は””住み手が与えられた空間をどのように育てていくか、その過程””を知りたいという受け手の方も多く、そこには建築家と住み手が双方に影響を与えながら、居心地の良い「空間」を作り上げて行く「手触りのある」感覚を共有できる写真の必要性を感じています。



017.jpg
ヤマサキアトリエ S maisonette
(photo/繁田諭nacasa&partners)

ヤマサキアトリエ一級建築士事務所HP
http://www.atelier-yamasaki.com/


雨上がり

雨上がりの洗われた空気の中を散歩するのは心地良い。
コンパクトデジカメを片手に公園へ寄り道。
でっかい水たまりを発見。空はまだ冬空です。

_0012240.jpg _0012239.jpg  


平沼孝啓建築研究所事務所移転パーティー

2月12日(金)
平沼さん事務所移転披露パーティーに行ってきました。
事務所は南堀江公園の向かい通りの一角、D&DEPARTMENT PROJECTビルの4Fにあります。(ちなみにこのビルは5階建て倉庫を平沼さんが改修したものです。)
まず驚いたのが事務所の広さ。パーティーには30人ほど集まっていたのですが、全然窮屈さを感じさせない空間です。
まるで海外のオフィスに来ているよう。でもここはコテコテの南堀江です。

写真も載せます。

まずオフィス全景(奥に平沼氏)
009.jpg
(photo/繁田諭nacasa&partners)


エントランス・ホール
 (このofficeはオフショット的な写真が似合います)
0012.jpg 022.jpg
(photo/繁田諭nacasa&partners)


最後にパーティー来場者が集い記念撮影。
003.jpg
(photo/繁田諭nacasa&partners)


「くうかん写真」について

建築の撮影をしていると、日の動きで刻々と変化する「くうかん」の表情を味わえる。光は室内に様々な陰翳を作り出して、そこに居る人に一時の充足感を与えてくれる。『くうかん』は光を楽しむ箱。光と建築、そしてそこに居る人の営みがつくりだす美しい時を写しとることができれば、と思いながら「くうかん」と向き合っています。本展では、くうかん実験棟がつくりだす光と陰に対して写真を配置し、その写真は、くうかんがもつ美しい陰翳をとらえた写真と、くうかんを活かしている人が存在する写真を選んでいます。人は無意識のうちに「くうかん」に寄り添っている。そんな自由に解放された建築空間の「ひかりのある場所」をこれからも撮り続けていきたいと思っています。

( 繁田 諭 )
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
東京大学くうかん実験棟展覧会とは

東京大学くうかん実験棟は、構造家の腰原幹雄(東京大学准教授)が中心となって、芸術文化の創造発信と交流、大学のキャンパス空間の使い方を発見していくことを目的として、東京大学駒場リサーチキャンパスを地域に開くために実施していくプロジェクトです。

音楽、演劇、伝統芸能、美術など様々な分野のイベント、大学のキャンパス内で地域住民とアーティストが協働するアートプログラム、子供向けの体験型プログラムなどの事業を展開していく予定です。

東京大学くうかん実験棟
2008年11月、東京大学・駒場リサーチキャンパスのユニバーサル広場に完成した、建築材には不向きとされてきた間伐材による新構法「木造ブロック積層工法」の建物。
現代のあずまやのような空間、大学周辺の地域や社会に開放をされており、展示や研究発表、学生たちが日常的に利用する場所として使われている。建築家・平沼孝啓と東京大学腰原幹雄准教授による協同研究プロジェクト。
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。